西陣カーボンは、従来のカーボン織物が平織と綾織りのみであるのに対して、

様々な模様で織ることが可能である点が特徴です。

西陣特有の和柄はもちろんのこと、文字を表現することも可能です。

 

Here you can check a number of different patterns of Nishijin Carbon.

Even letters can be expressed!

 

 


No.1 変化斜紋0.jpg 

 ①変化斜紋

  

   3本以上の糸で作られているので密度が濃くなり、

   柔軟性・伸縮性に優れ、目がよれにくくになります。

 

 

 

 

 

 


No.2 昼夜斜紋.jpg

 

 ②昼夜斜紋

    経糸と横糸で出来上がったパターンを表裏交互に

        配置することで表面に光沢ができ模様がくっきり表れます。

 

 

 

 

 

 

 


No.3 市松.jpg

 

 ③市松

   2パターンの正方形を交互に配置したチェック柄の模様で

   江戸時代から着物に使われる伝統の織柄です。

 

 

 

 

 

 


No.4 紗綾形.jpg

 

  ④紗綾形

   紗綾形は、『卍(まんじ)』の形を崩して並べた模様です。 

   元々は中国の織物が発祥だと言われています。

    

 

 

 

 

  

 


No.5 蜂巣織.jpg

 

  ⑤蜂巣織

   経糸と横糸を長く浮かせることで方形の枡形を作り、

   布綿を蜂巣のようにしたものです。

 

   

 

 

 

 

  


No.6 重ね斜紋.jpg

 

  ⑥重ね斜紋

      2種の異なる斜紋を重ねた柄です。

     一方の斜紋線は連続させ、他方は連続しないように削り、

     短い斜紋線とし、織りあげます。

 

 

 

 

 

  


No.7 杉綾.jpg

 

  ⑦杉綾

   連続したV字柄が杉の葉に見えることからその名がついています。

 

   また、別名をヘリンボーンとも呼びます。  

 

 

 

 

 

  


No.8 ななこ織.jpg

 

  ⑧ななこ織

   経糸と横糸を2,3本引きそろえて平織したもので、

   織目の交差するところに隙間ができやすいため空気の通りがよくなります。

 

 

 

 

 

 

 


No.9 青海波.jpg

 

  ⑨青海波

   波模様を魚の鱗のように山形に連続させた模様で海の大きな波を表しています。

   古くから着物などに使われています。

 

 

 

 

 

 

 


No.10 網代斜紋.jpg

 

  ⑩網代斜紋

   方向が反対の2個の斜紋を重ね、組織点を削り、あじろ形に組み合わせたもので、

   破れ斜紋織りの変種とみなすことができます。

   別名を『組斜紋』、『ひがきあや』といいます。

 

 

 

 

 

  


No.11 変化うね織.jpg

 

  ⑪変化うね織

   平織を変形させた織り方で経糸・横糸どちらかを浮かせることで畑の畝模様を作り出す織り方

   平織とは少し変わった風合いを出すことができます。

 

   

 

 

 

 

 


No.12 急斜紋.jpg

 

  ⑫急斜紋

    その名の通り、通常の斜紋よりも、角度が急な斜紋です。 

    シンプルで飽きがこない点に定評があります。

 

 

 

 

 

 

 


No.13 ぼかし朱子.jpg

 

  ⑬ぼかし朱子

    組織点を増点か減点し、組織の濃淡をつくりぼかしを表したものです。

 

 

 

 

 

 

 


No.14 とび斜紋.jpg

 

  ⑭とび斜紋

    正則斜紋織をある糸数だけ連続させ、次に数本省略してさらに数本連続させ、

    これを循環するまで行ってつくります。

    組織の境目は、浮き方の反対な明らかなものがよりのです。

    着尺地や服地などによく用いられます。

 

 

  

 


No.15 市松.jpg

 

  ⑮市松

  市松は石畳、霰(あられ)などともいわれ、

       英語で checkeredと呼ばれており、幾何学模様のもっとも簡単なものとして東西を問わず

  古くから種々のものの意匠模様に用いられています。  

  直交する経緯(たてよこ)の糸で組織されたものであるから縞とともにきわめて織物に自然な模様として、

  その発生はおそらく原始時代にさかのぼるものだといわれています。

 

 

 

 


No.16 市松.jpg

 

  ⑯紗綾形

   卍(まんじ)つなぎの1種で卍をななめに連ねた連続模様

   日本では,桃山時代ころからの染織品の模様に多く用いられている。

   ことに江戸時代には綸子(りんず)の地分はほとんどが紗綾形で、

   これに菊,蘭などをあしらったものが,紗綾形綸子として非常に多く行われた。

 

 

 

 

 


No.17 山形斜紋.jpg

 

  ⑰山形斜紋

    織り目一つ一つが山のように見える織柄です。